INTERVIEW

廿日市市金剛寺 M邸

和なカフェで、みんなと楽しくおしゃべりができる空間

廿日市市金剛寺 M邸

IMG_1662

M様、広い土間が特長的なお家になりました。プランニングの初期段階から広い土間をとる、というリクエストを貫かれましたが、それはどういった思いからでしょうか?

単純に、土間の見た目、質感が好きなのと、あとは清潔感、かな。
ほうきで、はばいたらそれで済む、っていうのと、滅多にやらないけど、最悪水洗いもできちゃうとこが良いです。
広い土間ありき、でステンレス製のキッチンにもこだわりました。
結果的には、土間のキッチンはすごく気に入りました。なんか、漬物とか気兼ねなく漬けこんで、おいて置ける感じで。。笑。

僕らとしては、広い土間をとることを前提にプランニングしたとき、自然に庭との連続性を重視するようになりました。
そのために、庭に対して広い開口をとってやること、庭の地面との高低差をできるだけ少なくしてやることを考えました。
言い換えると、田舎の縁側のような空間を、室内にとりこんでやることを狙ったんです。
工事中は、近所の人に「何のお店ができるん?」とよく声を掛けられましたが、
実際、このお家には、なんとなく気軽に入りやすいし、
お茶を飲みながらおしゃべりをしていても、すごく居心地が良いなと感じます。

京都のカフェのような和な雰囲気で、お客さんに気軽に来て貰えて、おしゃべりが楽しめるような空間がすごく気に入っています。

広い土間、庭、畳のリビングが一体となった、気持ちの良い空間。

他に、間取りでこだわったところはありますか?

室内干しできる空間が絶対欲しかったので、脱衣室を広めにとってもらいました。
お風呂入るのに服を脱いで、脱いだら洗濯機に入れて、洗ったらそこで干して、乾いたら畳んで、。
この一連のうごきが、ひとつの部屋で済んでしまうのは、本当にラクです!

最近、室内干しのニーズが高まってきているので、
限られたスペースの中で家事室、物干し室をどうやって確保していくか、というのは今後も重要になってきますね。

室内干しができる家事室と、土間の上に据えられたステンレス製のキッチン。

さて M様のお家づくりは、土地探しから一緒に手伝わせていただきました。
初めて御連絡をいただいてから、家のお引き渡しまで2年近くかかってしまいましたが、
土地探し、家作りを振り返ってみて、いかがでしたでしょうか?

土地探しからの家作りには、ある程度時間がかかるものだと覚悟していたこともあったので、
そんなに時間が掛かったなぁという思いはありません。
ただ、土地探しについては、紆余曲折ありましたね~。この場所に決めるまで、何か所か、契約を考えたところもあります。
旭工務店さんには、そのたびにプランニングしてもらいましたが、その経過があったためか、
いざこの土地に決まってからの家作りは、そんなに迷いがありませんでしたね。
やめてしまった土地もそれぞれすごく迷いましたが、今思うと、
この土地にめぐり合うための試練?だったような気もします。笑。

僕らとしてもこの土地を紹介させてもらえたのは、本当に良かったと思っています。
もしM様が気に入らなければ、僕らが買ってしまおうかと思っていましたが、。笑。
M様のおうちは、うちの事務所から歩いて5分くらいの場所なので、今後もちょくちょくお邪魔させてもらえるとうれしいですね。
ちょうど、また近所で新築工事をさせてもらいますので、またお茶でもよばれに来ます。笑笑。
本日はありがとうございました。

廿日市市金剛寺 M邸