INTERVIEW

廿日市市大野中央 K邸

家族がいつも近くに感じられるワンルーム感な家

廿日市市大野中央 K邸

IMG_3196

K様、お引渡しから約1ヶ月になります。どんな感じでしょうか?

快適です!

良いな、と思う瞬間や場所を、奥様、だんな様 それぞれお聞かせください。

奥様)家事の動線が、すごいラク。キッチン、パントリー、サニタリー、物干し場がぐるぐる自由に動き回れるのが一番です。あと、すみ始めて分かったのは、フェンスを高く作ってもらったので外からの視線が気にならないのは、すごい良くて、カーテンなんかは寝る時以外は閉めていません。

旦那様)もともと2Fの寝室は、重視していなかったので、1Fにこだわりをつめてもらったと思っています。もう、家族みんなずっと1Fにいますね。1Fでごろっと寝ても良いくらい。笑。

キッチン~食料庫~洗濯場~物干し場~LDKを外部のデッキが結び付ける回遊動線。

小さなお子さんと御夫婦が、いつもできるだけ同じ空間で過ごしたい、という御希望を当初受けました。
その御希望を受けて僕たちとしては、キッチンを中心とした家事の動線、リビング、ダイニング、それに外部の庭(ウッドデッキ)を含めた動線を、それぞれがストレスフリー/バリアフリーに回遊できるプランとすることで、ひとつの空間としての一体感を狙いました。わかりやすく言うと、庭(ウッドデッキや物干し場)を含めたワンルーム感、ですね。
多分、K様がもともとお住まいだった小さなマンションにいたときと、「家族がいつも近くに居る感」は変わらないんじゃないですかね?
奥様に言ってもらったフェンスの件なんかは、このコンセプトのために必要だったんです。庭が部屋と一体化するために必要だったんですね。道路からの視線が気になったら、そこの場所(庭)は部屋とは切り離されてしまいますから。

前住んでたマンションは、もっと狭かったので。。笑。
ただ、言われてみればこの家は、外の庭も含めたひとつの空間の中で、快適な距離感でいつも一緒にいる、って感じがします。すごい快適な、ワンルームって感じです。

ダイニングで楽しく。

家作りにあたった当初の気持ちをお聞かせいただこうと思います。
まずK様の場合、もう土地はここ、っていうのが決まっていました。この土地に家を建てようと思ったとき、どのような会社に任せたい、と思われましたか?

いろんなハウスメーカや、住宅展示場をまわりましたが、基本的には当初から工務店にお願いしたいとは思っていました。
実際に家を作る人と打合せしたい、という気持ちと、予算的にも有利な気がしていたので。

旭工務店に決めていただいた理由はなんですか?

旭工務店さんの新築の現場を見学させてもらったことですね。現場で、その家を実際に設計/施工された人に説明を受けると、家づくりに対する気持ち、こだわりがすごく伝わってきました。
僕としては、大きな「会社」ではなく、あくまで「人」に作ってもらいたいという気持ちが強かったので、この人におまかせしてみよう、と。

竣工後に、僕が個人的に感じるのは、
今回は本当に一番最初に提案させてもらったプランのまんま、
作らせてもらったなぁと思います。注文、文句の少ないお客様だな、と。笑。
もちろん、ディテールの部分は多少の変更はありますが、外観の姿(イメージ)、基本的なプラン(間取り)が、当初作製した模型とまったく同じに仕上がりました。
いまここに座らせて貰うと、当初のコンセプトが全く形を変えずに生きて、良いものができたなぁ、と素直に感じます。
注文を言いにくいんかな、と不安になるときもありました。実際、旭工務店の提案に対して、どのように感じてましたか?

さっき言ったように、旭工務店さんとお話するまえに、結構住宅展示場とかまわったんです。
そのなかで、あんな感じかっこ良い、とか、ここも良いね、とかいろいろ、いろいろ、感じました。
ただ、いろいろ見すぎた?せいか、この土地に建てる家として、結局僕たちが望んでる家、ってのは、どんな家なのか分からなくなっちゃったんですね。
なので、自分たちが「かっこ良いとか、気持ち良い」って思えるものが、分かってもらえる人に出会えれば、もうその人に全面的に任せてしまおう、と僕らは思ってたんですよ。
僕らは結局素人なので、僕らの好みとかセンスとかが分かってもらってるプロの人を見つけたら、あれやこれや言うまい、と。
というよりも、旭工務店さんに作ってもらったプランを見せてもらったとき、言いたいこと、ほとんどなかったですね。かっこ良いものを作ってもらえると思ってましたし、予算も先に伝えていたので、予算面での不安もまったくなかった。

いま、いろんな情報があふれている中で、お客様のほうでも最新の建築材料とか、トレンドを手軽に知ることができます。
ただ、かっこ良いイメージをいろんなところから切り取って、単純に組み合わせるだけでは、良い家として全体がうまくまとまらない。これはプロでない方には難しい作業だと思います。
「良いと思う雰囲気、分かってるよね」、っていう施主と設計者/施工者との信頼関係が、家づくりには大事なんですね。
今日は、ありがとうございました。今後も引き続きよろしくお願いします。

左から、初期段階の白模型 / 色あい等の雰囲気を伝えるパース / 完成建物。

廿日市市大野中央 K邸